燃料費ゼロの省エネロードヒーティング「ゆうらく」日本建築学会北海道支部技術賞受賞・特許取得

 トピックス 採用の条件 融雪可能面積 システム概要 07-08年実験データ等 熱回収の効果 CO2削減効果 発表論文
ゆうらく 省エネロードヒーティング

『ゆうらく』排気型換気排熱利用融雪システムは(有)北欧住宅研究所が開発し、特許を取得し、製造元であり、設計・施工を行っております。

【エコロードヒーティングとは?】
北海道など積雪寒冷地では、冬の除雪(雪かき)の手間を軽減するため、住宅の敷地内に温水を配管し、その熱で積もる雪を融かす装置が使われます。 これをロードヒーティングと言います。しかし温水を作るために灯油やガスのボイラーや電気熱源が必要です。
断熱材で守られた室内を温めるのとは違い、氷点下になる地表を温めるため、莫大なエネルギーを消費します。ひと月数万円もの燃料費に耐えられなくなり、ロードヒーティングがあるのにほとんど使わない家庭もあります。
一方、建築基準法によって設置が義務化されている「24時間換気装置」のために室内の暖かい空気の一部は汚れた空気と一緒になって24時間捨てられています。「これをなんとか利用してロードヒーティングに利用できないか」と考え出されたのが「エコロードヒーティング」です。
エコロードヒーティングは、汚れた空気と一緒に捨てられていた暖房熱を熱交換器で回収し、その熱で雪を融かすというシステムです。暖房熱を再利用するので燃料費は全くかかりません。必要なランニングコストは、温水を循環させるポンプの電気代だけ。ひと冬で数千円という安さです。
ゆうらくは、これまでの研究や、お客様への納入実績により札幌市内で30平米以上の面積を燃料代を遣わずに雪をじっくり確実に融かすことが立証されています。これは多くのお客様がロードヒーティングに求める「車2台分」の面積を十分にカバーしています。

2倍の速さで融けるハイパーゆうらく新発売 従来品より2倍の速さでどんどん融ける省エネ式エコロードヒーティング「ハイパーゆうらく」を新発売!
換気排熱を利用しながら、大雪の時など暖房熱の一部を使うことで、最大2倍の融雪速度を実現!ハイパーゆうらくの情報はこちら>>


燃料費がかからない省エネロードヒーティング「ゆうらく」換気排熱再利用の優れたエコシステム

※省エネエコロードヒーティング「ゆうらく」の基本情報はこちら>>


 

スーパーゆうらく」をご採用いただいたお客様にご協力をいただき、2013年2月下旬から3月初旬にかけてカメラを回しっぱなしにして雪が融ける様子を撮影しました。
お客様のインタビューも収録しています。(見られない場合はコチラからどうぞ)

 
積雪はおよそ6.5cm。外気温は−6.3℃。
  積雪は6.5cmから1cmに。この日は真冬日。

翌朝、積雪が1-2cm程度です。
 
お昼には完全に融けました。
 
路面が乾燥しています。
省エネロードヒーティング「ゆうらく」パンフレット(約4.8MB) 詳しい報告書(約270KB)
ゆうらく施工説明書(約1.8MB) ゆうらく取扱説明と定期的な清掃について(約725KB)

「ゆうらく」は指定工事店が施工いたします。
お問い合わせは、電子メールまたはお電話で (011-792-0153)。

Copyright(C) 2011 Hokujuken. All Rights Reserved.